山口司法書士事務所
@

■ 業務内容
カテゴリー
全件表示
借金問題解決
任意整理、過払請求
自己破産
個人民事再生
不動産登記
相続登記
商業登記
費用について
任意整理・過払請求
高金利での取引を利息制限法の金利で引き直し、残債務を圧縮して分割弁済での和解を金融業者と成立させ、残元金の完済を目指します。
自己破産
毎月の返済額が膨れ上がり、多額となり支払不能に陥っている場合、破産申立により、債務が免責され、生活を再建することができます。現在の破産法は生活再建のための法律です。懲罰的な法律ではありませんので必要以上に不安に思うことはありません。
個人民事再生
裁判所に申し立て、借金を大幅に減額してもらい分割弁済していく制度です。
任意整理よりもずっと手間も費用も掛かりますが、返済額の大幅なカットを認めてもらえ、完済すれば残りの債務は免責されます。
ギャンブルや浪費等破産の免責不許可事由がある場合も利用できます。また住宅ローン特則を適用させることで、住宅を処分せずに借金が返済できます。
不動産登記
法務局に備え付けられている登記簿に権利変動を性格に反映させることで、自分の権利を第三者に主張できます。

登記簿に古い抵当権(債権額が数百万)等が残っている場合があります。抹消登記をしないと、土地等を売却する時に支障がでます。
相続登記
相続には人の気持ちが大きく関わってきます。相続手続きを放置したままにしておくと、新たに相続が発生して、会った事もない人と相続財産について協議する事態になってしまい手続きが長引くこともあります。また、成立した遺産分割協議も書面にしておかないと後日、相続人の気持ちが変わりもめることもあります。
相続する財産には負債も含まれます。
商業登記
会社は法務局に登記することで法人格が与えられます。また、登記された商号・本店・資本金・役員などに変更があった場合変更の登記が必要です。
費用について
トップb 業務内容b 事務所案内b お問合せb リンクb
Copy right 2009(C) ITI .co.,ltd all rights reserved.