山口司法書士事務所
@

■ 業務内容
自己破産
債務の支払いが免除されるため、一から人生をやり直したい場合に最も適しています。
毎月の返済額が膨れ上がり、支払いきれないほど債務が膨れ上がってしまい支払不能に陥っている場合、裁判所に対し破産申立をし、免責決定されると債務が無くなり、生活を再建することができます。
自己破産しても、一般的な家財道具は処分されません。戸籍にも記載されず、選挙権も停止されません。職場を退職する必要はありません。

メリット
1、取立てがとまる。
2、全ての債務が帳消しになる。(滞納税金・社会保険・養育費等は免責されない)

デメリット
1、高額な財産(不動産・高級車)は処分される。
2、資格制限のある職業に就けない(免責決定が確定するまでの間)
3、信用情報機関に登録(ブラックリストに掲載)され、数年間は新たな借入れが出来なくなる。
4、免責確定後7年間は再度免責決定を受けることができない
5、保証人には免責の効果が及ばないので、保証人は債権者より返済を求められる。
なお、破産法では「免責不許可事由」として浪費・ギャンブル・クレジット購入商品の換金等を定めていますが、裁判所に正直に報告すれば裁判所の判断により免責されています。
 
トップb 業務内容b 事務所案内b お問合せb リンクb
Copy right 2009(C) ITI .co.,ltd all rights reserved.