山口司法書士事務所
@

■ 業務内容
個人民事再生
破産は絶対イヤ。せっかく買ったマイホームは処分したくない。仕事は順調だけど返済が大変。その様な方は個人民事再生で借金返済を考えましょう。
個々の金融業者との取引を利息制限法所定の利率で計算し直し、その残元本を一定割合カットし、3年分割で支払っていく制度です。
最低弁済額は次のとおりです。
100万円〜500万円→100万円
500万円〜1500万円→5分の1
1500万円〜3000万円→300万円
3000万円〜5000万円→10分の1
なお、清算価値保障の原則により、破産した場合の所有財産を清算した配当額以上の金額を返済する必要があります。

自己破産では住宅を処分されますが、個人民事再生では住宅ローン特則を適用させれば、住宅ローンを支払い続けることで住宅を保持することができます。
(住宅ローン以外の担保が付いている場合適用できません)

メリット
1、任意整理では認められない元金の減額が可能。
2、浪費・ギャンブルが借金の原因であっても利用が可能。
3、住宅ローン特則を適用させれば住宅ローンを支払い続けることで住宅を保持することができる。

デメリット
1、清算価値保障の原則により無担保の財産(不動産・高級車)を所有している場合、債務額の圧縮が出来ない。
2、信用情報機関に登録(ブラックリストに掲載)され、数年間は新たな借入れが出来なくなる。
3、保証人には免責の効果が及ばないので、保証人は債権者より返済を求められる。
 
トップb 業務内容b 事務所案内b お問合せb リンクb
Copy right 2009(C) ITI .co.,ltd all rights reserved.